珈琲を飲む人から作る人へ。半年でプロを超える焙煎技術教えます。

珈琲が飲めない人でも、飲めてしまう、本当の珈琲と出会えます。

 

美味しい珈琲を求めて、自家焙煎店を10店、20店とはしごする人、

とりあえず近所の豆を購入する人が増えていて、珈琲の味がわからない、

本当に美味しい珈琲はどこにあるの?、と悩まれている方は少なくありません。

また、カフェをしたい、自家焙煎店をしたいという方もたくさんおられますが、

本当に美味しい珈琲はどんなものか、わからない方が多いのが現状です。

 

今まであなたが悩まれていた、美味しい珈琲に対する思いは、正しい希望です。

実は、これらのお悩みは、珈琲の焙煎店でも知らないちょっとしたポイントが、

世の中に出回っていなかったからなんです。

 

多くの焙煎店や珈琲屋さん、カフェで知られていない、ちょっとしたポイント。

「カビのない珈琲生豆」「しっかり火の入った焙煎」「雑味のない抽出」

三つの簡単なことで、本当に美味しい珈琲に出会うことができます。

 

半年間、たったの12回で、本当に美味しい珈琲を生み出す力を

手に入れていただける珈琲マスター講座をご提供いたします。

 

 

講師 向井務と、珈琲との出会い、そしてお伝えしたいこと

 

10年ほど前まで、私、向井務は、全く別の仕事についており、よく珈琲を飲む生活をしていましたが、

珈琲牛乳や甘い珈琲しか飲めず、ブラック珈琲を飲むと頭痛がすることもあるような、

どちらかといえば、珈琲が苦手な人間でした。

 

いつか、自分でも飲める珈琲が飲みたいと考えた私は、当時住んでいた静岡の伊豆方面を始め

神奈川、東京の方まで、休日のたびに少しずつ珈琲屋さんをまわるような生活をしていました。

その中で、2、3軒のお店にて、明らかに他のお店とは違う、「美味しい」という感覚に見舞われました。

それでも、いつもその美味しい感覚にありつけるわけではありませんでした。

 

これがきっかけで、本当に美味しい珈琲を自分で作ってみようと試行錯誤することになります。

 

最初は手網焙煎から初めて、試行錯誤するようになりました。珈琲の銘柄も種類が多く、

大きな豆、硬い豆など、様々なタイプの生豆を、一律して綺麗に焼き上げる方法を見つけることは、

とても苦難を伴うもので、失敗の連続でした。

ただ、その失敗の中から少しずつシンプルな答えが見つかりつつありました。

 

趣味から始めた美味しい珈琲を探す試行錯誤の真っ只中、

たまたま私の珈琲を飲まれたフレンチレストランのお店から、

珈琲豆の卸のお仕事が舞い込んできました。

今でもよく覚えていますが、自分の作った珈琲が多くの方に飲んでいただける、本当に嬉しい瞬間でした。

 

その後1年間のうちに、紹介が紹介を呼び、5店舗の卸が決まっていきました。

その頃から、手網焙煎ではとても追いつかず、小型の焙煎機で焙煎を行うようになりましたが、

不安もたくさんありました。

なぜ、この美味しさが実現できているか、その理由が明確に説明できる状況ではなかったからです。

 

また、その時期から、美味しい珈琲は簡単に作れるものなのに、

なぜ珈琲業界の多くではその核心に触れないのだろうという疑問が出てきました。

業界として、会社さんとして、それぞれ理由があるのがわかってきましたが、

「本当に美味しい珈琲を多くの人に知ってもらいたい」、そう考えるようになっていったのです。

 

知名度が上がるにつれて、珈琲の淹れ方など講師をさせて頂く機会にも恵まれ、

焙煎や抽出、生豆や歴史などについて、少しずつ自分の中で情報や技術を体系化していきました。

そして、2014年初より、珈琲マスター講座の第1期が始まりました。

 

珈琲マスター講座の第1期は、4名という少人数で、じっくりと、わかりやすくお伝えしていきました。

すると、ほとんどの方が最初の2回、3回ほどで、他の珈琲屋さんの豆が飲めなくなったと、

ご自身で焙煎された豆の評価がプロの味を越えだしました。

飲食店をされている方も中におられ、お店で好評いただいているとのお声も頂きました。

 

講座も第17期を迎え、次第に、豆を家族、友人から注文をもらいました。知り合いに販売しています。

お店を始めました。など、講座修了を前後に多くの人たちに美味しい珈琲が広がっていくのを

講座中、講座後と何度となくご報告いただきました。

 

このような声とともに、私の美味しい珈琲への考え方や思いは確信に変わっていきました。

 

珈琲マスター講座でお伝えするちょっとしたポイントは、一般の主婦の方から、開業希望者まで、

誰でも体得することができます。

珈琲が苦手な私や、受講者の方全員が、美味しい珈琲をつくれるようになったのですから、間違いありません。

 

あなたもご自身の手で最高の珈琲を生み出し、大きな可能性をみつけ、

あなたとまわりの人が幸せになる珈琲を手に入れてください。

 

珈琲マスター講座で手に入れていただくもの

 

・テキスト12回分

・生豆6kg(焙煎豆にして4.8kg)

・修了証書

・ご自身で作成するオリジナルブレンドとレシピ

・焙煎と抽出の技術

・焙煎&珈琲談義できる仲間

 

珈琲マスター講座を受講いただく方へのみさご珈琲からの三つのお約束

 

1.本当に美味しい珈琲を生み出せる力を体得していただきます

2.珈琲焙煎の仲間ができます

3.修了後もずっと珈琲に関する疑問にお答えしつづけます

 

受講料と返金保証

 

受講料は、72,000円(焙煎工房使用料、材料費、修了検定料、税込)、分割払い時一回6,300円となります。

 

一般向けの焙煎講習というものが、まだ日本では少なく、比較ができないのですが、

プロ向けのセミナーなどでは、二回程度の講習で20万以上かかるケースが普通です。

 

また、初回参加時に、自分にあわないなと感じられた方はお申し出ください。

二回目以降の講座をキャンセルでき、初回分合わせて、全額返金いたします。

 

割安ではありますが、基本を押さえれば、どんな方でも気軽に美味しい珈琲を生み出せるということを

価格も通して体感していただければと考えています。

 

実技とサロンを重視した少人数体制

 

定員は、先着6名様限定となります。講座の特性上、焙煎実技の時間をじっくり取る必要があるためです。

同期生同士での珈琲談義もしっかり楽しんでいただけると思います。

 

珈琲マスター講座のこれから

 

珈琲マスター講座を通して、修了生の方からいただく声の中に、

美味しい珈琲を広めたいという思いを耳にすることがあります。

いいものを多くの人に、至極単純なことですが、

今、珈琲業界ではなかなかこの簡単なことが行われていません。

 

いままで100名近い修了生を輩出してきましたが、

自家焙煎店、イベント出店、カフェなどで、主副問わず、

ご自身のご商売としている方が全体の20%くらいはおられます。

 

私自身、まだまだ多くのことを知り、咀嚼してお伝えしていきます。

修了前後で開業にあたっては、事業戦略、物件商圏調査、仕入れ、販売などでお手伝いをさせていただきます。

 

皆様と一緒に良い珈琲文化を生み出していく未来、楽しみにしています!

 

追伸

 

美味しい珈琲の世界。一度飛び込むと少し人生が変わると言われます。

飛び込むのに勇気も時間もお金も必要になります。

ご質問、ご相談など、お早めにお問い合わせください。

みさご珈琲 向井務(090-5068-2292) cafe335@amail.plala.or.jp

 

人生に大事な決定をサポートできるよう、ご自身のスキルや状況に合わせて

しっかりアドバイスさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です