珈琲と出会い、育む人の輪

お茶の文化と珈琲の文化

おはようございます。
みさご珈琲の向井です。

昨日は、能勢菊炭のさとやま創造館、小谷さんのところに、
竹の國主催の三橋さん、奈良のファーマー杉本さんとともにお邪魔しました。
釜を拝見した後、炭の焼き方、白炭や黒炭による釜の違い、池田炭の特徴などを
伺い、そのあと、竹は人が手を入れなければ自滅していくというお話、
クヌギの山のお話などのあと、自然とお茶のお話に移っていきました。

茶文化と珈琲文化は、私的には似て非なるものと考えていて、珈琲の方は、
古い歴史や世界を巻き込む力がある上で、《あえて言うと》薄っぺらい動機と
継続によって続いているものであると考えています。その分新しい発想が
取り入れられ、自己崩壊しながらも短期的な文化を連綿と醸成していきます。

それに反して、お茶が崇高であるかというと、そうでもなくて、玄さんが
お話されていましたが、どうしても敷居の高い世界に自分自身を
押し込めていくのしかなかったのかなと、現代社会では感じられます。
その分、現在は忘れられてしまった50年100年の経済サイクルの上で
成り立っていた文化として、現代人には理解しがたく、何か再発見したくなる
魅力を醸し出していると言えます。

50年100年の経済サイクル。もはや「経済」ではなくて「共生」のサイクル
なのかもしれませんが、菊炭に関しては、炭焼きの前の、「山を育てる」部分に
集約されていると感じます。

菊炭のためのクヌギ林は、シイタケのホダ木や薪などにも使われています。
もともとから燃料を得るためだけではなく、様々な自然の恩恵を、人間が効率よく、
かつお互いのバランスを取るように進むサイクルを具現化しているものが
「里山」であると思います。

そんな里山を育てる活動が、ふるさと創造館、近所の荒木谷で行われます。
今はもう見えなくなってきている文化や生活感に、触れて頂ければ幸いです。

「菊炭と里山を未来につなぐ植樹会」

2/17 千里中央からの送迎バスも出ます。

詳しくはこちらから↓
http://kikusuminosato.com/event/syokujyu2018_2/

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP