珈琲と出会い、育む人の輪

【募集開始】第19期珈琲マスター講座《2018上半期日曜クラス》

いつもお世話になっております。
みさご珈琲の向井務です。

みさご珈琲宝塚山本丸橋店にて
珈琲塾主催の第19期の珈琲マスター講座を開講いたします。

《講座概要》

毎回焙煎と抽出を行いながら、生豆の銘柄知識や焙煎技術、
抽出技術を身につけ、ご希望により開店ノウハウなどを
身につけていく講座です。

ご自身で焙煎した豆を毎回400gほど持って帰っていただけます。
期を重ねるごとにより高度な技術習得していただけるよう
目指しますので御興味のある方は是非ご参加ください。

また、焙煎実技の時間を多く取るため、
定員を6名厳守とさせていただきます。
より厳密な焙煎技術を短期間でお伝えするためです。

講師:みさご珈琲 認定講師 向井務 ※代理の場合あり
定員:6名(先着順)
場所:みさご珈琲 山本丸橋店 宝塚市山本丸橋1-5-31 P4台あり
受講料:1回6300円、12回72000円です。
    (焙煎工房使用料、材料費、修了検定料、税込)
   ※基本的にまとめてのお支払いとなりますが、
    毎回の都度お支払いも可能です。
   ※珈琲マスター講座修了生の方は、
    一回1000円(生豆代別、焙煎料込)で受講いただけます。

持ち物:マイカップ、エプロン、筆記用具
その他、思いついたものをお持ち寄りください。
お子様連れでの参加も可能です。遠慮なくご相談ください。

《講座内容》

 焙煎技術
 ・焙煎基礎1(焙煎の基礎知識と体験)
 ・焙煎基礎2(手選別のコツと焙煎の基本情報分析)
 ・焙煎応用1(焙煎による生成物質の知識と実践)
 ・焙煎応用2(空気の粘性と火力による香味コントロールの実践)
 ・ブレンド基礎(ブレンドの意味合いと方法論)
 ・ブレンド応用(混合焙煎による香味の創造と実践)

 抽出技術
 ・抽出基礎1(珈琲の淹れ方と味の変化の基礎知識)
 ・抽出基礎2(業務用の淹れ方知識)
 ・抽出応用1(器具の使い方と使い分けの実技)
 ・抽出応用2(エスプレッソメニューとアレンジ珈琲)

 全体知識
 ・生豆基礎(コーヒーの木と珈琲)
 ・生豆応用(生産地の紹介と購買)

《予定》

時間は全て10時~13時です。
  第1回  2018/05/06(日) 焙煎基礎1
  第2回  2018/05/20(日) 抽出基礎1
  第3回  2018/06/03(日) 焙煎基礎2
  第4回  2018/06/17(日) 生豆基礎
  第5回  2018/07/01(日) 抽出基礎2
  第6回  2018/07/15(日) ブレンド基礎
  第7回  2018/07/29(日) 生豆応用
  第8回  2018/08/05(日) 焙煎応用1
  第9回  2018/08/19(日) 抽出応用1
  第10回 2018/09/02(日) ブレンド応用
  第11回 2018/09/16(日) 焙煎応用2
  第12回 2018/09/30(日) 抽出応用2
  修了式  2018/10/07(日) オリジナルブレンドの提供と一般
 ※12回中10回以上の受講で認定証を授与いたします。
 ※修了式は、修了検定があります。
  (オリジナルブレンドを焙煎、抽出、提供していただきます。)
  基本的に不合格はありませんが、
  全ての工程を講師の助言なしで行っていただきます。
 ※希望者が多い場合は同期で1dayCafe、イベント出店もします。
 ※補講については、別の開催日に補講を
  行わせていただきますので、出席できない日があっても
  安心してお申し込みください。

《講座修了後の特典》

 受講中、修了後は、修了生たちが集まる「珈琲サロン」に
 ご参加いただくことができます。
 毎週木曜日、日曜日の午前中に行っておりますので
 ご興味のある方は、事前にご予約の上、ご見学ください。
 ※年2回の忘年会、壮行会などもあります。

修了生の方には、開業支援、経営相談や生豆の仕入先紹介、
 焙煎機や器具の調達、講座、講師の斡旋、
 関係店での雇入れ、研修など様々な形で、
 一人一人の珈琲の形作りをお手伝いをさせていただきます。
 遠慮なく将来展望などご相談ください。

《お申し込みについて》

 申し込み締め切りは2018/04/15正午までとさせていただきます。
 お電話、FBメッセージ、メールなどでご連絡ください。
 FBイベントはこちら
FBイベント参加のみでは
お申し込みになりませんのでご注意ください。
 ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 主催:みさご珈琲
 お申し込み:TEL:090-7694-0335
 E-mail:cafe335@amail.plala.or.jp

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP