黒ビールのような見た目に、ほのかな甘みをまとった炭酸珈琲。

炭酸珈琲玄武

近年アメリカで話題のCRAFT DRAFT COFFEEの日本版として、兵庫県宝塚市より発信しています。 玄武という名前は、大阪能勢妙見山の植田観肇副住職に命名いただき、ロゴには平和を祈る為のPRAY FOR WORLD PEACE 即ち「平和」を抱いています。最初の一口に世界平和の祈りを込めて、炭酸珈琲「玄武」が世界に広がっています。

CRAFT DRAFT COFFEE 炭酸珈琲玄武

炭酸珈琲玄武
玄武は、日本らしい珈琲のあり方を追求した炭酸珈琲です。
海外では、窒素を充填したニトロブリューを含めて、
CRAFT DRAFT COFFEEと呼ばれているジャンルになります。

  1. 炭酸珈琲「玄武」

黒ビールのような見た目に、ほのかな甘みをまとった炭酸珈琲。

黒ビールのような炭酸珈琲。はじめの一口に世界平和の祈りを込めて。
最高に爽快な、新しい夏の風物詩。炭酸珈琲「玄武」


「みさご珈琲」で、このたび「新しい珈琲体験を提供する」2017年夏の新商品が完成しました。
その名も炭酸珈琲「玄武」です。

 

夏、珈琲屋さんはアイスコーヒー1色。各店さまざまなアレンジを加えて提供しますが、どうしても爽快感という点では炭酸飲料に負けてしまうのも事実。「暑い日にはつい炭酸に手が伸びてしまう」。そんな方に、どう珈琲の方を向いてもらえるか。それは私の珈琲屋としての課題でした。そこでみさご珈琲では、味と香りがしっかり出る、日本流の「ネルドリップ(布フィルターでの抽出)」を採用し、炭酸を使ったビールサーバーで楽しめる、黒生ビールのような珈琲飲料を開発できないかと、実験を重ねてきました。


炭酸珈琲 「玄武」は、今までのアイスコーヒーのジャンルを壊し、より爽快感のあるアレンジ可能な珈琲を提案するために販売を開始しました。黒ビールのような深いコクと、目的に応じて追加される甘みが特徴です。既に大阪北摂、難波などで販売を開始しており、その美味しさが広まりつつあります。命名とこの飲み物のあり方については、子供たちの未来と世界の平和を祈る飲み物として、妙見山真如寺の植田観肇上人にご考案いただきました。

銘柄は4種類。大阪能勢の天然蜂蜜をたっぷり使った「HONEYGOLD」、チェリーの香りが女性的な「CHERRYBERRY」、珈琲感が強く、カクテルベースとしても使用できる「DRY BLACK」、スパイシーで薬草酒を彷彿とさせる「WILD INDIGO」です。

CRAFT DRAFT COFFEE GEMB 炭酸珈琲玄武 公式サイト
http://gemb.jp

飲みなれているはずの炭酸飲料に、「今までなかった」をお届けしたい。

 夏、珈琲屋さんはアイスコーヒー1色。各店さまざまなアレンジを加えて提供しますが、どうしても爽快感という点では炭酸飲料に負けてしまうのも事実。「暑い日にはつい炭酸に手が伸びてしまう」。そんな方に、どう珈琲の方を向いてもらえるか。それは私の珈琲屋としての課題でした。

 そんなとき、「ニトロブリュー」というアメリカ発祥の窒素ガス飲料があることを知りました。ニトロブリューは、コールドブリュー(水出し)の珈琲に、窒素(ニトロ)ガスと炭酸ガスの混合気体を注入してサーブするというスタイルの飲み物。いわば「炭酸入りの珈琲」です。黒ビールで著名なギネス社の技術提供のもと、製法が確立されました。日本でも、昨年ごろからブームが生まれ、これを提供するお店もいくつか出てきましたが、知名度はまだ高いとはいえません。技術的にもまだまだ改善の余地があります。

 そこでみさご珈琲では、味と香りがしっかり出る、日本流の「ネルドリップ(布フィルターでの抽出)」を採用し、炭酸を使ったビールサーバーで楽しめる、黒生ビールのような珈琲飲料を開発できないかと、実験を重ねました。

珈琲なのに甘いフレーバーがある!?炭酸珈琲「玄武」には私たちのこだわりが詰まっています。

 そこで生み出されたのが、「炭酸珈琲」です。黒ビールのような見た目にほのかな甘みを漂わせる、今までにない「珈琲の楽しみ方」が誕生しました。特にこだわっているのは、「プロの抽出士の手によるハンドドリップ」です。

 通常、大量生産の珈琲の場合には煮出して濾す方式が一般的ですが、炭酸珈琲「玄武」はひとつひとつ丁寧に抽出を行います。使用するのは、玄人向けで繊細なネルドリップ。大量抽出に向いていながらも技術を要するこの抽出方法が、GEMBのおいしさの一端を担っています。さらに炭酸珈琲「玄武」は、いわゆる「ブラック」だけでなく、天然蜂蜜で甘味をつけた飲みやすいタイプも用意しています。これは、おそらく国内では初の試みです。

その一口で、ちょっと優しくなれる。そんな珈琲をお届けしていきます。

炭酸珈琲玄武という名前は、「能勢の妙見さん」として親しまれている、

能勢妙見山 真如寺の副住職・植田観肇上人に命名していただきました。

 

《植田観肇上人からのメッセージ》

北極星の聖地である妙見山で初めて披露されたことに着想して名前をつけさせて頂きました。読み方は「ゲンブ」で、北の守護神である玄武をイメージし、アルファベットでGEMBと表記します。

「玄」は「黒」であり、玄人(くろうと)などで使われる「極める」という意味もあります。そのため、珈琲の黒、そしてそれを極めるという意味の「玄(くろ)」を表します。また、英語の発音では「ジェム」とも読め、Gemは宝石という意味があり、漆黒の宇宙に密かに立ち上る星のような気泡は心の奥底にひっそりと隠れている宝石を思わせます。

そして玄武は北極星の神様「妙見大菩薩」の乗り物として描かれることも多く、星へ祈りを届けてくれます。この珈琲の最初の一口を飲むとき、頭の片隅でいいので、子どもたちの未来と世界の平和を祈って頂ければ嬉しいです。

Pray for Children, Pray for Peace

植田観肇 拝

炭酸珈琲「玄武」は、宗教的な枠組みには囚われない自由な飲み物ですが、何気ない「珈琲」という飲み物に、優しく祈る習慣が加えられると、少しだけ優しくて穏やかな気持ちになれないかなと思っています。

また、明治後期から続く日本の珈琲文化は、世界的に見ても、ユニークな面を持っています。喫茶店の文化やコンビニ珈琲など、独自の進化と考察を重ねてきたのです。

 

PAGE TOP